トレードは優位性が高いところまでちゃんと待てば勝てるでしょ?ってお話


どうも
維新の介です。

トレードにおいて「待つ」ことの重要性は
多くのトレード本やサイトで語りつくされていますので
今さら・・とも思ったのですが、それでも

「どうやって待ったらいいのかわからない」
「どこまで待ったらいいのかわからない」
「待つためにどうやってメンタルを鍛えたらいいの?」

といった質問がかなりの割合を占めるので、
今回は
「優位性が高いところまで待てば勝てるでしょ?」ってお話です(^^)

トレードの勝ち方っていろいろありますが、基
本的には「チャート上」の優位性に沿ってトレードするのが
一番確実性が高いというのが私の見解です。

「チャート上」というのは、「値動き」と言い換えてもいいですね。
値動きからわかる優位性に比べたら、
インジケーターの組み合わせによる優位性なんて無いに等しいって思っておいてください。
(無いわけではないですよ)

チャート(値動き)上で優位性が認められるポイントがあれば、
そこで買うなり売りなりしておけば
トータルで勝てるというのが私のトレードの基本的な考え方です。

とは言っても、
その優位性がどこに存在いているのかがわからないから勝てないわけで、
わからないから待てないわけで、
わからないから待てないのをメンタルのせいにして
ますます勝てなくなってしまっているんです。

ちなみに勝てない理由をすぐに「メンタルが〜」って言う人いますけど、
それ「逃げ」ですよ。

自分にトレード力がないのを認めたくないだけです。

だから「本当はわかっているけどメンタルが弱くて待てないんだよ。
けっしてトレードがわからないわけでも下手なわけでもないんだよ」
ってアピールしているんですね。

うん、それを「わかってない」って言うんですけど(笑

インジケーターの優位性

インジケーターにも優位性はあります。

例えば有名なMACDですが、一般的には(12、26、9)の設定値で使われることが多いです。あまりにもメジャーなインジケーターゆえに、その設定値に沿ってレートが動くということは、相場状においてほんのわずかではありますが、優位性らしきものは存在するかもしれません。

一目均衡表は(9、26、52)を基本数値としています。これは一目山人が膨大な月日をかけて導き出した壮大なるカーブフィッティングです。

しかし基本的には、設定値に優位性はあまりありませんし、カーブフィッティングも一般的には良くないこととされています。ですがこれらの設定は、ただ過去チャート上「だけ」で良い成績が出るように仕組まれた設定値やカーブフィッティングではなく、相場そのもののサイクルを丹念に調べ、その波や期間を基に導き出されたものです。

1日は24時間、1週間は7日(営業日は5日)、1か月は30日、1年は12か月、その他にも決算の時期や季節要因、さらには景気の波等で相場はある程度決まった期間を基に特徴的な値動きを見せることがあります。そういった値動きの特徴を捉えたインジケーターや設定値であれば、ある程度の優位性は存在すると思われます。

そしてトレードとは「トータル」で勝つものと考えるならば、そのわずかな優位性は非常に大切にする必要がありますが、優位性があるからといってインジケーターのサインどおりにトレードしていたらトータルで勝てるのか?となると、残念ながらちょっとそれは難しいんですね。

なぜならインジケーターには根本的な欠点があるからです。
それは、「サインが出るから反転する」ではなく、「反転したからサインが出る」ということです。つまり値動きに追随するだけであり、インジケーターの本質とは、その複雑な値動きを簡略化させたものにすぎないということです。

インジケーターを使用する場合、特にオシレーター系を使用する場合は、これらのことをしっかりと念頭に置いておくようにしなければ勝ちトレーダーになることはできません。

ただ・・・

一目均衡表に関して言えば、「半値」という節目を利用しているため、そこらのインジケーターに比べてかなり高い優位性を保持していると考えられます。

値動き上の優位性

対して値動き上の優位性とは何でしょう?

私はよく「注文の集中」という言い方をします。チャート上のどこにどんな注文が入っているのか?または入りやすいのか?を知ることによってトレードの安定感は格段に増すことになります。

例えばサポートライン(支持線)の上には買い注文が集中します。レジスタンスライン(抵抗線)の下には売り注文が集中します。

チャートはランダムに近い動きをするためトレーダーはどこか「わかりやすい」ところで注文を入れる必要があります。どこで買うのか?どこで売るのか?どこで利確するのか?どこで損切りするのか?全てなんらかの基準が必要であり、チャート上でそれが最もわかりやすいのが「高値」「安値」なのです。

もう少し正確に伝えるならば「わかりやすい」&「意味のある」高値や安値です。

わかりやすい高安値はトレードをする際の大きな基準となり、多くのトレーダーが基準とするためそこには注文が集中します。

・レジスタンスラインを越えたら買っていこう
・サポートラインを割ったら売っていこう
・サポートラインに近づいてきたから買っていこう
・レジスタンスラインに近づいてきたから売っていこう

これらは少しでもトレードをしたことがあれば誰でも考えたことがあると思います。「誰でも」です。つまりそこには上記の4点で表される非常に強い優位性が存在するということなのです。インジケーターの設定値による優位性などとは比べ物にならないレベルの優位性です。

そしてこれほどまでに高い優位性なのですが、残念ながら使いこなせていないトレーダーがあまりにも多く、それ故に勝てるトレーダーが少ないと言っても過言ではありません。

悪い例としては、例えば5分足の高値を更新したから買う・・というトレードです。

もちろんこれ自体は悪いことではありませんよ。
ですが、この買ったところが1時間足や4時間足(つまり上位足)で見たときに抵抗線の近くだったらどうでしょう?

抵抗線の近くということは、1時間足や4時間足では「売られやすい」ということです。その売られやすいところにレートが位置している状態で、果たして5分足で高値を更新したからといって「買い」と判断してもいいものでしょうか?

さらにその抵抗線が、前回の高値よりも低いところにあればどうでしょう?これは上位足が下げダウを築いている状態ですので、その抵抗線はより有効に働くと考えられます。

ちゃんとラインやダウに対する基本をおさえているトレーダーであれば考えるまでもなく「待ち」の選択です。もしくはリスクをわかった上でのトレードですので、損切りや利確の判断も早くなります。

しかし目先の5分足しか見えていないトレーダーは、トレンドフォローをしたつもりであるにもかかわらず、売り圧力の強いところで買っていることになり、損失を積み上げることになってしまうのです。

こういった「値動き上の優位性」をトレードにちゃんと組み入れることができているかどうかが、トレードに安定性を持たせることができるかどうかの大きなカギとなっているということをしっかりと認識する必要があります。

待てないのではなく待ち方を知らない

questions-1922477_640

トレードに勝てない理由を聞くと、「待てないから」と答える方がたくさんいらっしゃいます。さらに「なぜ待てないのか?」となると、

・利益を逃したくないから
・トレードする時間が限られているからついつい
・押し目を築いたように思ったから買ってみた
・スキャルピングなのでトレードしないといけないと思った

ってな感じで色々あるようですが、「ではどこまで待ったらいいのかわかっていますか?」と聞くと、ほとんどの方は「わからない」って答えるんですね(笑

つまり結局は「どこまで待ったらいいのかわからないから待てない」わけです。

わからないから、ただ動きにつられたトレードを繰り返すのであり、わからないからトレードに勝てないわけです。

待てないから勝てない・・・というのは、どこまで待ったらいいのかわからないという現実からの逃げでしかありません。

そして、どこまで待ったらいいのかわからないままにトレードをしているということは、チャート上の優位性を知らずにトレードしているということであり、イコール全てのトレードがギャンブルだということです。

勝てるわけがないんです。

トレードで「待つ」ということは「優位性があるところまで待つ」ということであり、その優位性とは注文が集中しているところです。

注文がどちらかに集中していない時というのは、買いトレーダーと売りトレーダーとの思惑が交錯しているため相場は難しい荒れた動きとなります。当然タイミングも取りづらくなりますし、逆行する可能性も高まりますし、何より利幅が穫れません。

つまり優位性がほとんど存在しないのです。

優位性が存在しないところであえてトレードする必要がありますか?トレードチャンスが欲しいからといって優位性がないところでトレードを繰り返しますか?っていうか、それ、そもそもトレード「チャンス」ですか?

トレーダーであれば、優位性が存在しないところでトレードを繰り返したらどうなるか想像つきますよね?

全てのテクニカル分析とは、この「注文の集中」という優位性をチャート上から探し出すために行われなければならないということを常に意識しておくようにしてください。

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る