なぜトレードを難しいと感じるのか?


どうも
維新の介です。

私は仕事柄、今まで本当にたくさんのご質問を受けてきました。
お答えしてきた質問の回数は、恐らく数万回・・・(もっと?)

その中で常に考えることが
なぜトレードを難しいと思うのか?
どうやったら「簡単」だとわかってもらえるのか?
ということです。

結論を先に言うと

・根拠が薄い
・未来を当てようとしている

この2つがトレードを難しくしています。

トレードの根拠が薄いということ

stock-1863880_640
トレードをするからには、そしてエントリーするからには当然「根拠」があると思います。
根拠すらない人は論外。

論外・・・なんて言ったけれど
実はこの「トレードの根拠」がない人や根拠が非常に怪しい人は実はすごく多いんですよ。

っていうか、勝ってないトレーダーは全員だと思ってください。

トレードに勝てない理由の第一は「根拠がないトレードを繰り返していること」なのです。

あ、「自分は違う」「ちゃんとエントリー理由を考えてトレードしている」っていう人いると思いますけど、もし今勝ちトレーダーでないのであれば多分それ「根拠と思い込んでいるだけ」か、「根拠が限りなく薄い」かのどちらかです。

では、そもそもトレードの「根拠」ってなんでしょう?

MACDが反転したから買い?
オシレーターが売られすぎを示しているから買い?
直近高値を越えたから買い?

確かに根拠としてどれも悪くはありません。

でも大切なのは
MACDが反転(ゴールデンクロス)した後に「実際」に買う人が多いこと
オシレーターが売られすぎのところから「実際」に買う人が多いこと
直近高値を越えたところから「実際」に買う人が多いこと

より高値で買いたいと思うトレーダーが多くなければそのポジションは伸びることがなく、
伸びなければ当然利益にすることもできません。

その部分を考えずして
上のように、ただ一般的に言われている「サイン」だけを頼りにトレードしたところで勝てるわけはなく、またこの一番大切なことを考えずにトレードしている人があまりにも多いんです。

そしてその最も大切な部分に対しては大した根拠もなく、きっとここは伸びる「はず」で済ませてしまい、なぜかそれで根拠をともなったトレードをしていると勘違いしている。これが勝てないトレーダーのほとんどに対して言えることです。

いつかは思惑の方向に伸びる「はず」なんて根拠の欠片もないトレードをして損切りを遅らせ、気が付いたらどうしたらいいのかわからない含み損を抱えていたというトレードをしたことがある人も多いのではないでしょうか?

また、インジケーターを多く表示させてトレードしている人にも言いたいことがあります。

いろいろなインジケーターを組み合わせても、それが値動きをもとに計算されるものである限り根拠としては1つでしかありません。

設定期間の違うオシレーターを組み合わせて、それらすべてが売られすぎを示したから買い?なんていうトレードをしていたとしても(※こういうトレーダー多いです)、それは「売られすぎたから買い」というただ1つの根拠に過ぎず、「だから今後は買われていく」という結論につながることはないのです。

テクニカル分析にしてもインジケーターにしても、「組み合わせ」による「高確率」を求めるのではなく、「さらに買う(売る)人がいるかどうか?」を考えるために存在するということを認識すべきです。また、そうでなければいつまでたっても安定して勝てるトレーダーにはなれません。

未来を当てようとしている

clock-1817877_640
今さら・・かもしれませんが、トレード力とは未来を予想する力ではありません。

私の場合、仕事を聞かれてトレーダーだと答えると、決まってこのような質問をされます。

「1年後ドル円はいくらになってるの???」

知らんがな(-_-;)

いや、そもそもアンタにそれ関係あんの?1年後には200円になっていますよ~って答えたら外貨預金すんの?トレードすんの?
その気もないのなら聞かないでほしいし、「わからない」って答えたからといって「コイツ、ホンマにトレーダーなんかいな?」みたいな顔するのもやめてほしい。

トレーダーってのは将来の相場を予想する職業ではないんです。だけどこの思考状態のままトレードをしている人、実はすごく多いです。

例えば、インジケーターを組み合わせて設定値をいじりまくって、「バックテストの結果」素晴らしい成績を上げることに血眼になっているトレーダー。これは過去の優位性から将来の相場を「当てよう」としているトレーダーです。反論されるかもしれませんが、私は無意味だと言っておきます。

それは過去の相場に対して優位性がある設定を見つける作業ではなく、過去の相場に優位性があるように見せるために無理やり設定のほうを合わせる作業です。そんなものが将来的に有効に働き続けることはありません。

エントリーした後に「上昇してくれ~」って祈ったら、それもやっぱり未来を当てようとしているトレードです。エントリー後にさらに買ってレートを伸ばしてくれるトレーダーが存在しているのがわかっていれば祈る必要はなく必然で勝つトレードになります。損切りになったとしても、「相場なのでそういうこともあるさ」ってあきらめがつきます。

つまりトレードにおいても最も大切なのは、過去にとらわれることでも未来を予想することでもなく、相場の「今」を把握することです。今がどのような状態なのか?この状態がどのように変化したら相場は上昇(下降)するのか?それを考えることがトレードという行為なのです。

トレードとは必然で資金を増やすゲーム

graph-163509_640-2
もしトレードに不安を感じていたり、少しずつ資金を減らしていたり、勝ってはいても微々たるものであったり、トレードをしていて常に不安を感じていたり、成績が不安定であったりするのであれば、あなたがどのように考えていようともそれはギャンブルトレードです。

ここまで多くのことを学んできた自負があるかもしれませんが、そのトレードを続けている限り大きく資金を増やすことは不可能だと思ってください。

トレードとはもっと安定して資金を増やすことができるものであり、必死で逆行に耐えるものでもないし、メンタルを強化して利益を伸ばすようなものでもありません。トレードとは不安を感じながらするようなものではないのです。

根拠がないからトレードが不安
根拠がないからトレードが安定しない
根拠がないから大負けする

全ては根拠不足であり、どのような根拠のもとにトレードをすればよいのか知らないがためにトレードに勝てていないのです。

トレードは根拠を理論的に組み立てて取り組めば必然的に資金は増えます。投資家たちの行動や損をしたくないという心理を考えれば、チャート上のどこが伸びるところなのかがわかります。わかっているのだから、そこに注文を入れるだけ。それが根拠のあるトレードです。

過去検証の結果でもなく、インジケーターの設定値によるサインでもなく、「今」のチャートを見てその場で判断するのです。

現在勝てていない人は、まずはそこらへんの意識改革からですね。

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る