【超重要!】損切りはどこに入れるべきか?


どうも
維新の介です。

ネット上にはトレードに関する話は山ほど転がっています。
そして「損切り」の大切さを説くサイトもいっぱいあります。

でも
少なくとも私が考える損切りの重要性について書いてあるサイトは1つもありませんので
機会があるごとにお伝えしていきたいと思います。

っていうか、
損切りってなぜ大切なのでしょう?
みなさんどう思います?

この質問をすると
ほとんどのトレーダーさんは「資金を守るため」と答えます。

ええ、もちろん間違いではありません。

自分で「根拠をもって」決めた損切りラインをレートが割ってしまえば
そのポジションを持ち続ける意味はなく
当然損切りしなければなりません。

これが守れないようであれば、いくら資金があっても足りません。

でもここでもう一つ突っ込んで考えてほしいんです。



損切りってどこに入れますか?

これ、本気で考えたことあります??
なんとなく直近の安値(高値)に入れてませんか?

押し目かな?と思ってエントリーして
直近高値を更新する前に買いポジションをとって
直近の安値に損切りを入れる

あとは上昇するのを待つばかり・・・と思っていたら
すぐに損切りに引っかかった。

だけど結局思惑通りの方向に進んだけど
それは指をくわえて見ているだけだった・・・

こんなことありません?

%e7%84%a1%e9%a1%8c309

直近高値を更新しないうちは
損切りに設定した「安値」はまだ確定していません。

つまりまだ下げる可能性があるのです。
この「まだ下げる可能性」を無視した損切り設定というのは
実はギャンブルだったりします。

つまり損切りとは
「これ以上下げない」ところに設定する必要があるのです。

しかし、これ以上下げない損切りラインがエントリーポイントからかい離していれば
リスク/リワードの比率が悪くなってしまいます。

ならばどうするのか?

エントリーは「これ以上下げない」損切りライン付近で行うしかないのです。

逆に言えば
大まかな方向さえあっていれば
「これ以上下げない損切りライン」を見つけることができれば
あとはテキトーに買いポジを仕込んでおけば
ほったらかしておいても勝手にレートは上昇しています。

わかりますか?

みんなエントリーのタイミングを探しすぎるから勝てないんです。

探すのは
これ以上下げない(下げにくい)ポイントですよ。

そしてそのポイントこそが損切りラインになるのです。

損切りに引っかかるか、引っかからずに素直に上昇するか
ただ祈っていませんか?

ちゃいますよ。

損切りにもしっかりと根拠を持たせてあげてください。
これ以上下げないラインを損切りにしてあげてください。

そして
そのようなところ「だけ」でトレードするようにしてください。

これが「どこまで待ったらいいの?」という
よくある質問に対しての答えでもありますし、
「どこでトレードしたらいいの?」という問いに対しての答えでもあります。

同じように
損切りの切り上げ方も下手なトレーダーが多いです。

レートが思惑通りに伸びて来たら
決済ラインを押し目をつけるごとに切り上げますよね?
そうやって含み益を確保していくことはトレンドフォローにおいては鉄則です。

でもこれも
ただ押し目をつけたからといって引き上げていては
本当に利を伸ばすことはできません。

少しだけ考え方を変えてください。
ほんの少しでいいんです。

押したから損切りを切り上げるのではありません。
「支えられた」からそこに損切り(決済ライン)を切り上げるのです。

相場は「支えられる」からこそ伸びるのであり
それ以上「下げない」からこそ買われるのです。

どうなったら支えられたことになるのか?
どのような状況が「下げない」という状態なのか?

ここらへんはまたの機会に(^^)/

P.S

実は損切りには
まだ2つくらい突っ込んだ考え方と使い方があります。

そこまで理解したら
トレードは思いのままに勝てるようになるんですよ(^^♪

損切りはトレーダーに与えられた最大の優位性
これが私のトレードスタンスですので(^^)


Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る