ダマシを防ぐちょっとした方法と考え方


どうも
維新の介です

今回のテーマは「ダマシ」について。

トレードをしていたらつきものですね。
私も以前は「ダマされた~」ってチャートに向かって叫んでいました(^^;)

高値(安値)更新でエントリーしていたら
このダマシをいかに避けるか?ってのは1つのテーマであり
かつ永遠のテーマでもあります。

つまり永遠に避けられないってことでもあるけど(泣

でもダマシにあいやすい状況というのは確かに存在するのです。
今回はその状況と
どのようにすればダマシを避けることができるのか?
ってことをお伝えしたいと思います。

でも100%は無理ですよ(*´Д`)

ダマシを防ぐには知っておかなければいけない前知識が3つほどあります。

最初に、
移動平均線から乖離したレートは
再び移動平均線に戻りやすい(回帰しやすい)ということ。
つまりグランビルの法則を重視ってこと。

もう1つが
抵抗線の手前には売り注文が
支持線の手前には買い注文が集中しているということ。
抵抗線を越えたところには買い注文が
支持線を越えたところには売り注文が集中しているということ。

最後に
ダマシは単体の時間軸で見るのではなく上位足から考えなければならないということ。

まず覚えておいてほしいのは
移動平均線に逆らった高値(安値)更新はダマシにあいやすいということ、
そして
移動平均線から乖離した状態からの高値(安値)更新もダマシにあいやすいということ。

%e7%84%a1%e9%a1%8c303

移動平均線が上を向いている状態で安値を割っても、
グランビルの法則にありますように、
結局その方向へと回帰しやすくなります。

つまり上のチャートのように安値が何度も同値に集中していたとしても
割ってきたからそのまま下げるというわけにはいかないのです。

でも困ったことに
そのまま下げることもあるんです(泣

そういうときに大切なのが上位足のチャートの形
この部分が上位足においてどのような位置関係にあるのか?ってこと。

下げてきたポイントが
上位足において「押し目」となるようなところであれば
よっぽどの指標等がなければまず間違いなくダマシに終わることになります。

エントリーする前に
そのポジションが上位足ではどのように見られているのか?
これを常に意識するようにしてください。

しつこく言いますよ。
トレードはこれが全てです。
決して読み流さないで!!



次のパターンは「かい離」です。

値動きというのは
移動平均線からかい離すればするほど「手仕舞い」による反対売買の勢力が強くなってきます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c304

ならば当然
移動平均線からかい離した状態での高安値の更新は伸びにくく
ダマシに終わる可能性が高まります。

特に
上位足のレジサポラインに近づいている状態であれば
この傾向は顕著になります。

移動平均線の方向に沿っているから高値(安値)更新でエントリー!
というトレードをしているにも関わらず負け続けている人は
こういうところでトレードしている可能性が高いです。



ではどのようなところでトレードしたらいいのか?

%e7%84%a1%e9%a1%8c305

基本的には
ちゃんと「押す(戻す)」まで待つことです。

上位足でわかりやすい押し目を築いたとき
下位足の上方ブレイクはダマシにあわずに上昇しやすく
上位足でわかりやすい戻り目を築いたときは
下位足の下方ブレイクはダマシにあわずに下落しやすいのです。

そのときの移動平均線は
短期中期長期が収縮していることが多いのですが、
そのようにインジケーターだけで判断するのではなく
必ず上位足もチェックして「押し目」「戻り目」として認識されやすいかどうか・・・
を意識するようにしてください。

今回は「ダマシを避ける」ということをテーマとしましたが
実はもっともっと根本的な避け方もあるんです。

ここらへんはまたの機会に解説したいと思いますが
これまで書いてきた記事にヒントはいっぱいありますよ。

ヒントは「損切り」「抵抗線」「支持線」「マルチタイムフレーム分析」

実際私の中では
ダマシってほぼ存在していません。

これはダマシにあわないってことではなく
根本的にチャートの捉え方が違うんです。

あと3段階くらい上の見かたがあると思っておいてください。
今回のは基本の基本。

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る