裁量トレードにおけるテクニカル分析の本質とは?


どうも
維新の介です

さて、今日はちょっと原点に返って
「テクニカル分析」ってなんのためにするの?
ってことを考えてみたいと思います。

なぜこんなことを今さら・・・と思われるかもしれません。

だけど、

「テクニカル分析の方法を覚えればトレードに勝てるようになる」

このような魔法があると勘違いをされている方が非常に多いんです。
でもそれではテクニカル分析ありきのトレードになってしまいます。

そうなってくると
例えば「水平ラインを越えたから買う」とか「MACDが反転したから売る」というように
ただの方法論に陥り
そこにトレードの上達というものがなくなります。

本気でトレードの上達を意識するのであれば
その前に必ず考えなければならないことがあります。

それが、
なんのためにテクニカル分析をしているのか?ということ。

実際、なんのためにしています?
考えたことあります?

というか
そもそもテクニカル分析に本気で取り組んでいる人って
かなり少ないんじゃないでしょうか?

ただなんとなくわかりやすい高値水平ラインを引いて
越えてきたから買ってみたけど
すぐに戻ってきたからダマシだと思って損切りした・・・
と思ったら結局思惑通りの方向に進んで悔しかった

期間の異なった移動平均線を数本表示して
その方向へとオシレーターが反転したから買ってみた。
とりあえず思惑通りには進んだけど
ほとんど伸びずに戻ってきたり
伸びたけど今度はどこまで利を伸ばしたらいいかわからず
ちょっとオシレーターが反転したところで利確したら
そこからさらに大きく伸び続けた

こんなトレードしてません?
身に覚えがある人も多いんじゃないですか?

そして
こんなトレードをしながら
俺はテクニカル分析を主体としてトレードしている・・・なんて思っていませんか?

残念!!
永遠に勝ちトレーダーにはなれません。

煽っているわけでもなんでもなく、ホントのことなんですよ。
なぜかって?
だってすごく表面的なところをなぞっているだけで
本質的なところに全く触れていないから。

テクニカル分析の本質とは

「投資家の行動と心理を見るもの」

です。

なんとなくわかりやすい高値に水平ラインを引いて
その高値を更新したから買うというトレード。
トレードとしてはよくあるパターンですし、私だってこのようなトレードはよくします。

でもそこで考えていることが全く違うんです。

本質を知らないトレーダーは
「高値水平ラインを越えたからエントリー」という
ただの「型」で覚えて、それをトレードに使用します。

同じようなことをしていても私の場合は

この水平ラインの上には損切りの買い注文が集中していて、なおかつ上位足の方向に沿っていて
そして上位足のトレーダーも買いと認識しやすいところ、つまり新規の買い注文も入りやすいところだ。

だから「買う」というトレードになるわけです。

見た目はどちらも高値水平ラインを上抜いたから買うという行動です。
ですがその行動の裏にこの考え方があると
そのトレードはただの高値越えではなく、

・損切りの買い注文が集中している
・上位足の方向に沿っている
・上位足のトレーダーも追随して新規の買い注文を入れやすい形
・つまり値幅も期待できて逆行もしにくい

そういうポイントでの高値越えになるのです。

こうなってくると
水平ラインを引くところとはただの高値ではなく
「損切りの注文が集中」しやすく、かつ越えてきたら上位足も「買い」と認識しやすいところでなければ意味がないとわかります。

「損切りの注文の集中」だけではダメですよ。
それだけでは取引されるエリアがわずかに上にずれるだけですので。

その損切りの買い注文に新規の買いが喰らいついてこなければ
そのポジションは伸びないんです。

もちろん、上位足の損切りも同時に巻き込むところも良く伸びます。

めちゃくちゃ大切なことを書きましたよ。
流し読み厳禁!!!!

高安値に水平ラインを引くことがライン引きではないんです。
そのラインを越えたら損切り注文を巻き込みそうなところに引くのがラインです。
そのラインで支えられそうなところに引くのがラインです。

こうやって考えないから
こんな質問が増えるんです。

「チャートがラインだらけになってわけがわかりません」
「エントリーが待てなくてトレード回数が多すぎで困っています」

ええ、何も考えずにただなんとなくラインを引いて
何も上記のようなことを何も考えずにトレードしている証拠です。

方法論に頼ってしまうとどうしても
「高値を越えたからエントリーしないと!」のように
深く考えずに反射で動いてしまいます。

そうではなく
他の投資家がどのように動いているのか?どのように考えているのか?
それを考えるために行うのがテクニカル分析です。

ラインを引いたらいい
インジケーターがクロスしたらいい

テクニカル分析とはそのようなものではありませんよ。

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る