思考が止まってるよ!


どうも
維新の介です

最近チャートを見すぎていることと
お仕事の依頼が多いことで
1日が終わるころにはかなり頭がボーっとしていることがあります。

気が付いたら
10分くらい1つの記事の中の2~3行をただ目で追っているだけになっていたり、
ひどい時には日本語が読めなくなっていることもあります。

ホントですよ。
読み方がわからなくなるんです(^^;)

完全に思考停止状態です(笑

ゆっくり休むよりも働いているほうが好きなので
ついついやり過ぎるんですね・・・

まぁ、こんなのは一晩寝たら元に戻るんでただの笑い話ですが、
この「思考停止状態」ってのをトレードでやっている人がいます。

います・・じゃないな。
すごく多いです。

長年トレードしていても上達が感じられない人は
自分が思考停止状態になっているのではないか?と疑ったほうがいいです。

例えば、

そこそこの勝率はあるんだけど
いつまでたってもトータルで勝てない

押し目買いをするんだけど伸びずに損切り
でもその後、思惑通りに伸びることが多い

いつもブレイクアウトのダマシに引っかかる
でも見送ったときに限ってすごい勢いで上昇する

利が伸ばせない(3年間言い続けている)

損切りができない(1年間言い続けている)

こんな症状ですね。

わかります?

キーワードは、
「いつも」「多い」「続けている」「いつまでたっても」

つまり、ずっと何も変わっていない人は
この思考停止状態である可能性が高いんです。



“狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること”

本人は考えているし、努力もしているつもり。
でも実はそれ
同じ所をぐるぐる回っているだけじゃないですか?

そんな人の頭の中はこんな感じ

「トレードに勝ちたい!」
「押し目買いをしなければ」
「高値更新したから買わないと!」
「損切りは直近の安値」

ここで止まっているんです。
考えているようで一歩も前に出ていない。

自分なりの納得のいく「結論」を「自ら」導き出すことなく
どこぞの怪しげなサイトに書いてあった「他人」の方法を「試す」だけ。

こういう人たちはちょっと考え方を変える必要があります。

「トレードに勝ちたい」
 →「どのようにしてトレードに勝つべきか?」

「押し目買いをする」
 →「どのように押し目買いをするべきか?」

「高値更新したから買わないと!」
 →「なぜ高値を更新したら買わないといけないのか?」
 →「そもそもこの高値更新は買ってもいいのか?」
 →「買っていけないのであればそれはなぜなのか?」

「損切りは直近の安値」
 →「なぜ直近の安値でなければならないのか?」
 →「どれを直近の安値をすべきなのか?」
 →「それはなぜなのか?」

このようにひとつひとつ確認し、
常に「なぜ?」を意識し、
自分なりの答えを「自ら」導き出しながら進める習慣をつけてください。

これができていない人は
疑問点や問題点を漠然としか捉えていません。

「トレードがわからない」
「人生の先行きが不安」
「何かしないといけないのはわかっているけど何をしていいのかわからない」

漠然とこのように思っていても何一つ好転することはないんです。

しかし、「なぜ」を意識し疑問点を絞ることによって
これまで漠然としていたものが判然としてきます。

トレードを教えていて、
「努力しています!」と言い切る人はたくさんいますが、
この思考ができていない努力は無駄だと断じます。

なぜなら一歩も前に進んでいないから。

インジケーターの組み合わせや設定値の組わせをひたすら探している人も
努力しているようで思考停止状態ですよ。

なぜインジケーターを組合さなければならないのか?
なぜ設定値にこだわらなければいけないのか?

いや、そもそも
インジケーターは必要なのか?
設定値にこだわる必要はあるのか?

必要ないのならそれはなぜなのか?
必要ないならどのようなトレードの考え方があるのか?

このように考えて初めて「努力」であり
前に進んでいると言うことができます。

この考え方を習慣づけることができれば
大げさではなく人生すら変わりますよ(^^)



P.S

「維新の介のトレードをのぞき見ることができる!?」

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る