投資で勝つ本当の方法


どうも
維新の介です

さて、今回は

「投資で勝つ本当の方法」

なかなか大げさなタイトルです(笑

でも実際のところ
世の中には小手先に頼った勝ち方ばかりが氾濫し
その本質をとらえた情報を得ることはなかなかできません。

もちろんその情報の全てを否定するつもりはありませんが、
投資のもっと本質的な部分をしっかりと持った上で取り組んだほうが
結果的に圧倒的なパフォーマンスを得ることができます。

というわけで
今回はちょっと真面目なお話

本来はトレードを始めたときに「心得」として知っておくべきことかもしれません。

私のところに届く質問で多いのは「エントリーのタイミング」についてだということは
これまで何度もお伝えしています。

なぜそんなにエントリーのタイミングが知りたいのか?

もちろんどこでエントリーしたらいいのかわからなければトレードはできませんので
それも理由の1つだとは思います。

しかしその根底には
エントリー後に逆行してほしくない。すぐに思惑の方向へと動いてほしい。
いや、できることなら限りなく勝率も高いところを知りたい。
そういう気持ちがあることも否定できないはずです。

そのため
エントリー直後からいっきに上昇するようなタイミングは特に好まれます。

でもね・・・

エントリー直後からすぐに思惑通りに
そして大きな値幅が獲れるようなトレードってめったにできるもんではないんです。

大概は
エントリーしたけど戻して
でも損切りラインには引っかからずになんとか耐えて
その後ゆっくりと思惑方向へと動き
高値更新によっていっきに上昇・・・したと思えば急落
それから本当に安定して動くというようなことがほとんど。

そりゃあ、短期間でいっきに大きな値幅が獲れたら嬉しいですよ?

でも現実はなかなかそう上手くいかないし
そんな絶妙のタイミングなんて狙っていたらトレードチャンスなんて来やしない。

下げきったところで買いエントリーして
あとは底支えされながら上昇していくのを「ゆっくり」追いかけていくしかないんです。

つまり「底で買う」ということを心掛けることが大切。



なぜ負けるのか?

それは「性急に追いかける」からです。

レートが動くから追いかける。
大きく動いたから上昇なんだと認識して買う。

だからブレイクでしか買えない。
だから上昇しきったところからの押し目でしか買えない。

絶対を求めているから、「動いてから」を狙う。
だから負けるんです。

大きく動いてから買っても
底から買っても
どちらにしても相場の先はわかりません。

だったら底付近から買ったほうが期待値は大きいし損切りは狭い。
良いことしかないんだからもっと早い段階で仕込むべきなんです。

そもそも
上がっているから買うでは
バブルだから買うと言っているのと同じですよ?
素人が資金を失う構図そのまんまです。

底で買った場合
思惑どおりにすぐには上昇しません。
だからといってちょっとした逆行で手仕舞っていたらそのポジションを利益に変えることはできません。

そのポジションを利益に変えるには「時間」が必要なんです。

急激な含み益は
急激に含み損になります。
そんなジェットコースターポジションなんてトレードじゃありません。

トレードとは、投資とは
じっくりと腰を据えて「持ち続ける」覚悟が必要なんです。

ポジションはしっかりと保有すること。
その覚悟ができるところでエントリーすること。

そうすれば
あとは時間が富を運んできてくれます。

方法論ではありませんが
これこそが投資で勝つ本当の方法であると心得ておいてください。

まぁ、なんていうのかな
簡単に言うと
どっしりと構えたトレードをしなさい!ってことだ(笑


PS.

「どこが底??」という質問もあるでしょうけれど
それはまた今度ゆっくりと解説します(^^)

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る