どこでトレードすれば勝てるのか?


どうも
維新の介です

「どこでトレードすれば勝てるのか?」

トレーダーにとっての永遠の課題でしょうね(笑

私のところに届く質問も
「エントリーのタイミングがわかりません」ってのが圧倒的に多いです。

というわけで
今回はそれに対しての1つの答えを書いていこうかな。

もったいぶってもしょうがないので
とりあえず先に結論から・・・

「上位足の節目付近」

実はトレードってこれだけだったりします(^^)
細かいタイミング等よりもこれがすごく重要。

節目付近でのトレードを心掛けるだけで
トレードは急に勝てるようになるんじゃないかな?
ってくらい大切。

上位足、例えば5分足でデイトレードをしている場合は1時間足~4時間足程度の節目付近
この時間軸で認識できる「節目」にレートが近付いてきたら
5分足レベルで考えた場合、レートは止まったり反転したりすることが多いわけです。

またこの「節目」を抜けたのであれば
今度はその方向へと動き続けることが多くなります。

ある程度トレードしていたら当たり前に知っていることだと思います。

で、この「当たり前に知っている」ということですが
当たり前である以上、多くのトレーダーが節目付近では今言ったような動きを意識(警戒)します。

下げていた相場が節目で止まったと思えば手仕舞いの買い注文が集中しますし、
節目付近にあらかじめ買い注文を仕込んでいた逆張りトレーダーも存在します。
それまで買いポジションを持っていたら、そこでさらに買い増すかもしれませんね。

結果的に相場は買われやすくなりますし
上位足が上昇トレンドを築いている途中であればその傾向はより強くなります。

ではレートが節目で止まることなく下抜いてきたら?

今度は節目の下に存在する損切りの売り注文に引っかかり始めレートは下げてきます。
新規で売ってくるトレーダーもいます。
必然的にレートは下がります。
この時、上位足が下げトレンドであれば?その傾向はより強くなるわけです。

ここまでの話、知ってますよね?
ある程度トレード経験あれば絶対に知識としては頭に入っているはずです。

トレードとは相場上の優位性に賭ける行為です。
その優位性を探すために日夜努力していると思いますが、
この「節目付近」の圧倒的な優位性はちゃんとトレードに活かしていますか?
節目を、ただ抜けたらエントリーする単なるブレイクライン程度にしか見ていないってことはないですか?

トレードに勝てない、
勝てていたとしても安定しない、
そういうトレーダーさんたちはこの「節目」に対しての認識がすごく甘いです。

トレードなんて
節目を意識するだけで余裕で勝てるんですよ?
上位足からしっかりと見てあげることによって
トレードするところは勝手に浮かび上がってきますよ?

節目がわかっていないのにインジケーターを使うなんて100年早い!

そして、節目とは「ダウ」です。
ダウとはトレードする「階層(レベル)」の変化のことです。

その階層の中での買われすぎ売られすぎ
そこでオシレーターを使うのならわかりますが、
ところかまわず、反転したからエントリー! なんてするもんではありません。

節目付近では注文が集中します。
それが上位足から一致するラインであればなおさらです。

しかも
その節目よりも「上」か「下」かで買い注文の集中と売り注文の集中とに明確に分かれます。

これはもう
先がわからない相場においては圧倒的な優位性と言ってもいいでしょう。

また、節目付近ということは次の節目までの値幅があることがほとんどです。
値幅があるということはリワードが得やすいということ。

逆に
節目にレートが近付いているのに、さらにそこで「節目方向」にトレードするということは
期待値がほとんどない状態でのトレードということになります。

こういったことを避けるためにもチャート上の節目は認識しておく必要があります。

つまり「節目」付近でのトレードは
買いか売りかが明確にわかり、かつ注文が集中しやすく、期待できる値幅も広いか狭いかがわかっている。
さらに、これにトレンドラインや移動平均線による「方向」を加えたとき、
トレードというのは勝つべくして勝つことができるものになるのです。



ところかまわずエントリーするのではなく
一度、節目付近でのみトレードするということを心掛けて、それをを継続してみてください。

その節目付近で
下位足(トレード足)はどうなっているか?
これを考えるようにしてください。

そして・・・

このトレードを「半年」以上「継続」してください。
ちょっとやってみた。
上手くいかなかった。
こんなのはダメですよ。

継続してこそ見えてくるものってのはすごく大きいんです。


Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る