自分のことは考えない


どうも
維新の介です

実は私たち夫婦は毎年必ず訪れるところがあります。
外国人に人気の日本の観光スポット第1位「京都伏見稲荷」です。
朱い鳥居がたくさん並んでいる写真でおなじみですね。

でも目的地はもっと先。

伏見稲荷の山をずっと登っていくと茶屋がある十字路に出ます。
この茶屋、俳優の西村和彦さんのご実家らしいですね。

そこからさらにまっすぐ奥まで行くと
山影にひっそりとたたずむ「眼力社 (がんりきしゃ)さん」という小さなお社があります。

Hushimi-inari-taisha_ganrikisha



「眼の病が良くなる」というご利益があると伝わる神さまなのですが
眼が良くなることから「先見の明・眼力が授かる」とも言われ
投資や経営の神様としても有名なんです(^^)

というわけで
投資家(トレーダー?)として毎年ここを訪れます。

投資やトレード
もちろんビジネスもそうでしょうけれど
先がわかないものというのは常に不安がつきまといます。

もちろん
今までやってきたことをしっかりと継続していけば
そしてさらに磨きをかけていけば勝ち続けることができるとは思っていますよ。

だけどね
やはり相場ですから
自分がいくらがんばったところでどうしようもない力が働くことは多いんです。

それでも勝ち続けることができている・・・

だったら
これまでなんとか切り抜けることができてきた過去に感謝
そして切り抜ける知恵を授けてくれた多くの先人たちに感謝

眼力社さんにお詣りして
それらの気持ちを神様に向けます。

感謝の気持ちだけで、決して「お願い」はしません。

そして改めて自分に誓う場でもあるんです。
「これからも、ちゃんとやるべきことをやります!」って宣誓しているんです。

トレードの教材にしても
とにかく徹底して良いものを書く

人のためと思って徹底的に「書く」ということを考えることによって
結局は自分のためになるんです。

だから死ぬほど考えてきました。
人に勝たせることを考えてきました。

それが自分のトレード力を桁違いに引き上げてきたからです。

だから
もっともっとトレード力を上達させたいと思います。

この気持があるかぎり
もっともっといいトレード情報を
できるだけ短期間で上達できる方法を
そういうのを考え続けることができるんです。

つまり
自分の欲は一切そこに必要がなく
ただただ人のためだけを考え続けていれば
ちゃんと自分に返ってくる

だから
人のために生きると眼力社さんで夫婦で誓うわけです。

それが自分の人生を良くすることだと知っているから。



PS

ちなみに
嫁ちゃんはもともとバリバリのFX専業トレーダー

私がトレンドを獲り逃すと

「ふーん・・・獲れなかったんだ・・・ふーん・・・」
「すごくいい形しているけどね・・・ふーん・・・獲れなかったんだ・・・」

って後ろでつぶやきます。

怖い(*´Д`)

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る