【読者からの質問】エントリーのタイミングがわかりません


どうも
維新の介です

相変わらずエントリーのタイミングについての質問が多いです。

オシレーターが反転したら?インジケーターの種類と設定値は?
高値更新でエントリー?何pips更新したらOK?
越えてからローソク足が確定したらエントリー?
でもいっきに越えてしまった場合はどうするの?

わからなくもないですね。
いくらトレード方法がわかってもトレードしない限りは資金は増えず
トレードするには必ずポジションを持つ必要があるので、
その最初の段階になる「エントリーのタイミング」にはどうしても質問が集中します。

それに、エントリー後に逆行してほしくないんでしょうね。

うん、これもわかります。
エントリー後の逆行はちょっと心臓に悪い(笑

エントリーしたらできるだけスムーズに思惑方向に動いてほしいし
なんなら押し目もつけずに目標値までいっきに上昇してほしい。

特にデイトレーダーであれば誰でも考えることです。

また、「エントリーのタイミング」という言葉
これがあるためにみんな悩んでいるんだと思います。

「タイミング」という言葉は
どうしても「タイミングを合わせて・・・」みたいなイメージがあり、
エントリーには絶妙のタイミングがあるかのように思わせます。

だけどエントリーって
極端な話、けっこうどこでもいいし、意外といい加減でも大丈夫なんですよ。

正直
みんなタイミングタイミングって気にしすぎ。

考えるのはそっちじゃない。

ただ1つ考えるべきことは



そのエントリー時の「損切り」が支えきられているか?(※買いの場合)

これが非常に重要なんです。

わかりますか?
エントリーのタイミングありきではなく、損切りありきなんです。

エントリーして、それからその直近の安値を損切りラインにしているトレーダーが多いですが、
ちゃいますよ。

そんなことをしているから
しょっちゅう損切りに引っかかるんです。
いつまでたっても勝率が悪いんです。

支えきられるラインを見つけて
支えきられるからこそ損切りラインとして有効で
支えきられるからこそ買っていくことができるんです。

少しチャートで見ていきましょう。

無題261

チャート左側の中ほどの安値
これは支えられていませんので損切りににもならないし
支えられていない → 損切りにならない → つまりトレードできない
となるわけです。

その後小さく安値切り上げました。
つまり、軽くですが「買い支えられました」ので
ここからは買っていくことができます。

でもあくまでも「軽く」なので
少なくとも直近高値を越えてからのほうがいいですね。
高値を越える・・・ということでさらに買い支えられる可能性が高まります。

チャート右側
ここは3回同値で安値をつけています。

しかもチャート左半分から見たら安値を切り上げていますし
中期長期の移動平均線は上昇しています

2回目の同値の安値からは
買っていこうと思ったらオシレーターの反転①から買っていくこともできるわけです。

ただこの時は
短期(黄)の移動平均線が下を向いているのでいったん戻してくる可能性は高いです。

次のオシレーターの売られすぎからの反転②では
短期(黄)の移動平均線が上を向いているのでそのまま上昇する可能性が高いですね。

もちろん高値を更新してからでもいいです。

高値更新は
越えたほうがより優位性が高くなる
それが上の時間軸の高値更新であればなおのこと

こういう認識で(^^)

その後のレジサポ逆転ライン(緑)の高値抜けでもOK
その代り損切りラインは直近の「支えられて」いるポイントなのでオレンジラインのまま

レジサポ逆転ライン(緑)で支えきられたところから買っていくのももちろんアリ
その場合は
緑のラインで「支えきられる」から買っていけるし損切りになる

オシレーターでタイミングとってもいいわけだし
そもそもオシレーターってのはこうやって使わないと意味がない。

確かにこんなことどこにも書いてないし
実際わかっていないトレーダーがほとんど。

でもこの「買い支えられる」ポイントを見つけることができるようになれば
トレードなんて勝って当たり前だし(だった支えられてる以上、上昇するしかないから)
スキャルピングでもデイトレードでもスイングトレードでもなんにでも使えるし
熟練してきたらトレードチャンスなんていくらでも見つけることができるようになります。

つまり
エントリーのタイミングを気にしすぎているトレーダーは
逆にエントリーポイント(支えられたポイント)がわかっていないということです。

利の伸ばし方も似たようなもんですよ。

上昇中の押し目がなんらかの形で支えられていれば・・・
次々とできる押し目が支えられていたら・・・
利を伸ばし続けたらいいんです。

でも支えがない押し目はちょっと疑ったほうがいい

というわけで、わかりましたでしょうか?

エントリーのタイミングを考えるのではなく
いかに支え切られたか?を考えるようにしてください。

それだけでトレードは劇的に変わると思いますよ。

チャートをボ~って見てても

「あ~支えられてきたな~ ほな買っとこう」
「あ~おさえられてきたな~ ほな売っとこう」

ってことがわかるようになりますし、
わかるようになってくると、トレードってめっちゃ簡単(^^)

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る