テクニカル分析をする本当の目的


どうも
維新の介です

トレードをテクニカル分析を主体に行っていると伝えると
いわゆる「ファンダメンタルズ分析派」からはよくこのように言われます。

「テクニカル分析で将来のことがわかるわけがない!!」

ええ、まったくもってその通りです。
反論する気もありません。
別に将来の予想をするためにテクニカル分析に頼っているわけではありませんので。

ですが、
実際、テクニカル分析ってなんのためにやっているんでしょう?

ひょっとして将来の予測方法の1つだと思っていました?

ここを勘違いしているトレーダーはけっこう多いんですよ。

というわけでここで少しハッキリさせておきましょう。



テクニカル分析とは・・・

「相場の現状を把握(分析)するためだけに行っている」のです。

決して将来を予想するためのものではありません。

ではその「相場の現状」とは?
実はこれ、相場の本質にもつながってくることなんです。


■相場の本質とは?



テクニカル分析を行う時って
「何を目的に」やってます?

ここが曖昧になっているとトレードもいい加減なものになってしまいますよ。

テクニカル分析を行う目的・・・

それは

現在、「買い方」と「売り方」のどちらが強いのか

その関係を知るためです。

信じてもらえるかどうかわかりませんが
トレードとは本来非常に簡単なものなのです。

買いが強ければ買えばよく
売りが強ければ売ればよく
どちらともつかないところは待てばよいだけなのです。

もう少し具体的にお伝えすると

上位足で買いが強い相場において
下位足で買いが強くなる瞬間がトレードのタイミングとなるわけです。

ですが
何のためにテクニカル分析を行っているのか全くわかっていないトレーダーがいます。

わからないから色々なことをやる。
何を求めているかわかっていないから、どこまでやっても答えがでない。
答えが出ないから色々なことをやってみる。
色々やってみるけど何をしたいかわからないから・・・(最初に戻る)

あれだけ多くの分析方法がある中で
自分が「何をしたいのか」が決まっていないんです。

テクニカル分析方法は無限に存在するため、わかっていないというのは致命的です。

ハッキリ言って、
それは「何もやっていない」に等しいですね。

東京駅前から車で出発したけど目的地が決まっていない。
目的地が決まっていないから道(分析方法)も決まらない。

でもとりあえず適当な道を選んで出発した。
でも目的地がないからたどりつけるわけがない。

勝てない人がやってるテクニカル分析ってこんな感じ。
勝てるわけが(目的にたどり着けるわけが)ないんです。

大切なことなのでもう一度言います。

テクニカル分析を行う目的・・・

それは

現在、「買い方」と「売り方」のどちらが強いのか

これを知ることです。

もし今勝てていないのであれば、
一度ご自分のテクニカル分析が「何を目的に」行われているものかをよく考えてみてください。

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る