トレードで勝つための基本的な考え方


どうも
維新の介です

今回はトレードの基本的な考え方のお話です。

今さら基本??

なんて言わずにお付き合いください(^^;)
すごく大切なことなんで。

まずここで
何度もお伝えしていますが
「勝てるトレーダー」と「勝てないトレーダー」の違いをもう一度

とは言っても
その違いはたくさんありますので
まずはこの1点だけを抑えてください。

勝てるトレーダーは
相場に対する考え方が「シンプル」

勝てないトレーダーは
相場に対する考え方が「複雑」

なんだかんだ言っても
結局はここに全てが集約されていると思います。

トレードに対する知識が増えると考え方が複雑になります
でも
トレードの知識を仕入れないとトレードそのものを考える材料がない

このような矛盾の中で
トレーダーはもがき苦しみ
そこから抜け出すために、さらにトレードに対する考え方を複雑にしていくんです。

でもこう考えてください。



「トレードって多数派についていくだけ」

どうですか?
ちょっとだけシンプルになりましたよね?

この考え方を軸にして
それをどのように見つけていくのか?を考えるんです。

決してこのベースとなる考え方から外れてはいけませんよ。

バックテストの結果・・・なんてのは
今の相場をどのように考えるかを「放棄」しているだけですよ。

チャートの右端で
相場の綱引きの勝敗を見つけ出せるようにならなければ
絶対に勝ちトレーダーにはなれません。

ではどうやって「多数派」を見つけるの?ってことですが

キーワードは「根拠」です。

私はトレードを教えていて
そのトレード結果を提出してもらう際にしつこく聞くのが

トレンドをそのように判断した根拠は?
エントリーした根拠は?
損切りをそこにした根拠は?

って感じで(^^;)

とにかく「根拠は?」「根拠は?」「根拠は?」なんです(^^;)

最初はみんなビビりますが
そのうち答えられないようなトレードはしなくなってきます。

つまりトレードした「根拠」を示せないようなトレードはしなくなってくるんです。
優位性のあるところまで待てるようになった・・・とも言えますね。

で、ここで当然疑問が出てきます。



トレードにおける「根拠」って?

例えば

「安値を切り上げる」
これはそれ以上安値で売ることを相場が拒んだ結果です。

「長期の移動平均線の方向にトレード」
これはより上位足の投資家にも意識される方向ということです。

「しっかりと押し目を付ける」
これもよい上位足のトレーダーに意識されることになり
その後大きく、かつ安定して動きやすくなります。

「前回の高値ラインで反転上昇した」
これは直近高値よりも下げることを相場が拒んだということであり
より高い位置で取引される状態になったということです。

「意識されやすい節目を越えてきた」
損切りや新規の注文が入りやすく
やはりその後伸びやすくなります。

このような根拠が積み重なれば
それだけ相場がその方向へと進む可能性が高まるのは当然です。

ただ様々な種類のオシレーターが反転したから・・とか
バックテストの結果・・・というのは
単一の根拠でしかありません。

しかも現在の値動きから得られた根拠ではないため
根拠としては非常に弱いんです。



大切なのは
色々な角度から捉えた「根拠」です。


そして「根拠」とは
チャート上にパターンとして見出さなければならないものなので
どうしても、ある程度熟練する必要があります。

だからトレードは
「人のやり方」を知るだけで勝てるようにはならないし
聖杯探しをしている限りは永遠に負けトレーダーのままなのです。

ちなみにですが
これらのトレードにおける根拠ってのは
今までに習ったであろう基本的な知識を使いこなすだけで十分なんですよ。


PS:

「根拠」というものの考え方に徹した書籍です(^^)

自分で言うのもなんですが
一読の価値はあると思います。

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る