裁量トレードをするにあたって絶対に意識しておくべき大切なこと


どうも
維新の介です

私は裁量トレーダーなのですが
みなさんこの裁量トレードということを
ちょっと難しく考えすぎているような気がします。

インジケーターにめちゃくちゃ詳しくなって
完璧なラインをいくつも引いて分析して
リスクとリワードの比率がいいところを見つけ
絶妙なタイミングでエントリーする・・・

それが裁量トレーダーの仕事だと思っていませんか?

だけどインジケーターなんて無数にあるし
ラインなんて引こうと思ったら
それこそチャートがラインだらけで値動きが見えなくなるくらいに引けるし
絶妙のタイミングのエントリーなんて
10年近くトレードしているけど数回に1回しかできません。

でも私、勝ててます。
というか
あまり負けません。

なぜだと思います?

っていうか
どんなトレードをしていると思います?

たぶん思っているよりも「雑」なトレードですよ(^^;)

上位足から方向を見ます。
これって
移動平均線を2本くらい引いておくだけで
誰でも簡単に「わかる」はずです。

だって上げてるか下げてるかだけですもん。

ここで方向がわかりづらく
時間足によってアッチ向いたりコッチ向いたりしていたら
トレードはお休みです。(←ここ大切!)

それとは別に
水平ラインも引いておきます。
「わかりやすい」ところにはトレンドラインも引いておきましょう。

これ大事ですよ。

ライン引きは歯磨きと一緒。
必ず毎朝当たりまえのようにやってください。

1年くらい続けると
今まで見えなかったものが見えてきますし
より使えるラインがわかるようになってきます。

でも基本的には
「わかりやすい」ところに引いたらいいんです(^^)

あとはですね
そのわかりやすいラインを
上位足からのわかりやすい方向に抜けてきたらポジる。

これだけ(笑

え?損切り?

直近高安値です。
知ってるでしょ?

何をもって直近高安値とするか?

「わかりやすい」ところ
つまり意識されやすそうなところ

これ以上戻したらみんな損切りするよね~
これ以上戻したら今度は反対に伸びるよね~
そんなところです。

ほな利確は?

うん、これもですね
「わかりやすい水平ライン(節目)」まで持っておくか
「わかりやすくトレンドが終了」するまで持っておく

私のトレードってこれだけです。
ホントです。

でもあまり負けません。

なぜでしょう?

今回のテーマわかりました?

そう、

「わかりやすい」です。

裁量トレードをするにあたって意識しておくべき大切なことは
この「わかりやすい」ということなんです。

相場は投資家の合意で動きます。

私だけが「わかりやすい」と思ったってしょうがないんです(^^;)
もちろん私に数千億円の資金があれば別ですけどね(笑

自分で相場を動かすことができない以上
他の投資家の力も借りなければなりません。

ってことは
他の投資家も参加してこなければ相場は動かないし
「私」も勝てないんです。

だったら自ずとトレードするべきポイントが見えてきますよね?



誰にとっても「わかりやすい」ところ

トレードで勝とうと思うのであれば
これがすんごく大事なんです。

ローソク足の1本1本が上げてようが下げてようが知ったことではないんです。
今のその値動きが
「わかりやすく」投資家が参加してくるところかどうか?が大事なんです。

あれがこうなって
これがこうだから上昇・・ではなく

もっと客観的に
あ、これは誰が見ても上昇だな
そしてここを越えたらみんな買ってくるな

裁量トレードってこんな感じ(^^)

これがしっかりと意識できるようになったら
ホント、あまり負けなくなりますよ。


PS:
我が家は
超大型犬が3匹、大型犬が1匹、小型犬が1匹の
大所帯なのですが

このうちの1匹の脱走癖に悩んでいます。

自分で門を開けるようになったのでカギをつけました。
フェンスを壊して脱走するので強化しました。
(↑これを10回くらいやってます)

後ろでじぃぃぃぃ~~っと強化部分を見ていて
私がいなくなったらそこから壊し始めます(*´Д`)

壊せなかったら
今度は梯子を登るようにしてよじ登って出ていきます。
(正直わが目を疑いました)

しょうがないので
フェンスの上にフタをしました。

今度はフェンスをよじ登ってフタを壊して出ていきます。

知恵比べですが
常に上をいかれます。
人間として少々情けない(*´Д`)

まぁ、
脱走とは言っても裏庭に行くだけなんですけどね。

でも嫁ちゃんが作った花壇がめちゃくちゃに(*´Д`)

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る