ジョージ・ソロスに学ぶ


どうも
維新の介です

さて!
今日の記事はすんごく大切です。
(※いつもの記事もめっちゃ大切です)

勝てないトレーダーさんにはこの考え方が足りない!
だから勝てない!
と言ってもいいです。

記事タイトルは
「ジョージ・ソロスに学ぶ」

このジョージ・ソロスを知らない人って
そこそこ投資をかじっていればいないと思います。
それくらい有名な投資家です。

コチラも同じくらい有名な投資家であるジム・ロジャーズとともに
クォンタム・ファンドを設立しました。

そしてそのファンドの成績は・・・

なんとなんと
10年間で3,365%のリターンです。

100万円を預けて10年たてば
3000万円以上!!!

1000万円なら3億!!!(/・ω・)/

さらに30年間で実に5351倍

えーっと、
100万円を預けていたら
30年で53億・・・!!??

ちょっと異常です(^^;)

また、「イングランド銀行を潰した男」という異名も持っています。
詳しくは検索してみてください(笑

私がちょっぴり憧れる人でもあります(笑

クォンタム・ファンド1000万円くらい預けておきたかった・・・


そんなジョージ・ソロスですが
彼の名言にこんなのがあります。

「まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ」

生き残ることを考えろ
それからでなければ儲けることは考えてはいけない・・

ではなく

生き残ることを考えよ
そうすれば儲けは勝手についてくる

私はこのように解釈しています。

そもそも相場の先のことは誰にもわかりません。
にもかかわらず

エントリーのチャンスが多い!とか
勝率が~~とか
わかりやすいサインとか

このように
「勝ち」のことしか考えないのはおかしいのです。

大切なのは、まずは負けないこと

エントリーや勝ちにばかりこだわるトレードではなく

負けないトレード
資金を守るトレード

これを心掛けてください。

負けないようにするには勝たないとアカンやん?

って思うかもしれないけれど

スタンスとして
勝ちにばかりこだわるのと、負けないことに意識を向けるのとでは
そのトレードの質は全く変わってきます。

勝つことにばかりこだわれば
「増やす」ことしか考えないため
どのトレードも勝つことを考え
勝率を追い求め
聖杯探しへと旅立ちます。

負けないことを考えると
損切りを粛々と執行し、資金管理をし
安値を切り上げるたびにトレイリングし
利確も焦らず
圧倒的な優位性があるところまで待ってトレードするようになります。

こうやって聞くだけでも
後者のほうがプロトレーダーっぽいですよね(笑

つまり、そういうことなんです(^^)

とにかく答えを早急に求めすぎないこと

負けなければ
そして負けを最小限に抑えていれば
勝ちしか残らないのが道理です。

まずは負けないことを考えて
勝つことを考えない

勝つことを考えるというのは
わからない将来のことをわかろうとすることです。

必ずそこに無理が生じてきます。

とにかく考えることは
「負けない」ようにすること

勝ちたければ
決して勝とうとしない

あとはそれを繰り返すだけ
そうすれば、時間が利益を運んできてくれます。

「勝ち」に対しては
相場は我々にほとんど優位性を与えれくれませんが、
「負け」は
かなりの部分をコチラでコントロールすることが可能なんですからね。



己が資金を守り切れ
さすれば
勝ちは勝手についてくる!!


攻めるトレードではなく
スタンスを「守るトレード」にシフトし
一度違った側面から相場を眺めるようにしてみてください。


PS:

トレーダーやってると
基本的には毎日家にいるもんで

「あそこのご主人って何されているのかしら」
「いつもお庭でワンコの相手ばっかりしているけど」

って
ご近所の奥様方の間で噂になっていたってことを
最近知りました・・・

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る