勝てないトレーダー必見!トレードをするときに注目するポイントはココ!


どうも
維新の介です

トレードでどこでエントリーしたらいいのかわからない。
相場環境がどうなるまで待ったらいいのかわからない。

結局は
ほとんどのトレーダーの悩みがこれに尽きるのではないでしょうか?

これは多くのトレーダーが経験することなのですが、

トレード経験が長くなり
それなりに相場やテクニカル分析に関しての知識が増えてくると
逆にチャートをいろいろな目線で見ることができるようになって
それがトレードを迷わせるという皮肉な結果になります。

つまり
チャート上の「何を見たらいいのか」絞ることができなくなるのです。

あ、移動平均線が上を向いたから買いだ。
ダイバージェンスが発生したから反転だ。
RSIが売られすぎだから買いだ。
レジサポを抜けたから買いだ!売りだ!
三角保ち合いを抜けたから売りだ!

こんなことをしていたら
どこに優位性があるのかわからないし
なぜ勝ったのかわからないし
どういう理由で負けたのかもわかりません。

そもそも
そんなに多くのチャート上のポイントを
全て正確に把握しようとするなんて
不可能とは言わないまでもかなり無茶。

実際それで勝てなくなっているわけですからね(^_^;)

ではどこに注目したらいいのか?

もちろん注目してほしいポイントはたくさんあるのですが
まずは「グランビルの法則」を一度見なおしてみてください。

え?グランビルの法則?
あんな昔の、そして単純な法則なんてホンマに役に立つん?

なんて思う人も多いかもしれませんが、
昔から生き残っている法則であり
単純だからこそ変わらず機能すると言うこともできるんです。

そして
私が相場環境を判断するときのベースの1つです。

[グランビルの法則]

無題91

グランビルの法則には
移動平均線を中心に4つの買いポイントと4つの売りポイントがあるとされています。

しかし注目してほしいのは
買いであれば図の中の①のポイント、売りであれば②のポイントです。

なぜそこだけなのか?
ということについてはまたの機会にお伝えしますが、
まずはチャート上のこの2点だけに注目するようにしてみてください。

先ほどもお伝えしましたが
最初からあれもこれも~ってやろうとしたって上手くいきっこありません。

まずは圧倒的に優位性が高く
そしてわかりやすいところにだけ的を絞るということが大切です。

無題92

無題93

最初は見つけづらいと思いますが
こればかりは慣れていくしかありません。

逆に言えば
たったこれだけのことすらも
慣れていなければリアルタイムで動いているチャート上では
見つけることもできないんです。

手法だけ覚えても勝てない理由がわかりますよね?(^^;)

********

最新のインジケーターや設定値を追いかけるのもいいですが、
それで勝てていないのであれば
まずはこういうところから見ていく習慣をつけてみませんか?

これだとエントリーチャンスが少なくなる!
俺はインジケーターが好きなんだ!
もっとわかりやすいサインがほしい!

こういうトレーダーさんもいるんで無理にとは言いませんが
そういう考えが
実はトレードを難しくして
勝ちから遠ざけている原因だということも知っておいたほうがいいですよ。


PS:

先日いとこの結婚式で渋谷に行ってきました。

ハロウィン前夜の渋谷です。

すごかった(^^;)

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る