主観的トレーダーと客観的トレーダー


どうも
維新の介です

さぁ!トレードしよう!
って思ってチャートを開いて最初にすることが
「エントリーをする理由探し」になっていませんか?

けっこう多いんですよね。
チャートを開いたらとにかくトレードしようとする人。
見た瞬間に
今は買いなのか?売りなのか?って目でチャートを見る人。

おいおい
選択肢に「待つ」ってのはないのか??

チャートなんて
しようと思ったらどのような解釈もできます。

買う理由だって
売る理由だって
見つけようと思えばいくらでも見つけられます。

しかもやっかいなことに
知識が増えれば増えるほどその理由は見つけることができます。
(これが負けの原因になっているのですが
 ここらへんについてはまた後ほど詳しく・・・)

つまり
「買いたい」と思ってしまえば
「買う理由」を見つけて買うことができるのです。
「売りたい」って思ってしまえば
「売る理由」を見つけて売ることができるのです。

しかしトレードとは
トレードをする「理由」を探してするものではありません。

あくまでも
トレードする理由がチャート上に「できた」場合のみ
トレードを執行するのです。

そこにあるのは「主観」と「客観」です。

チャートを「主観」で見る人は
トレードする理由をチャート上に探しにいきます。

ですが、チャートを「客観」で見る人は
チャート上に明らかな優位性が出現したときのみトレードを行うのです。

前者は
トレードをしたいということが前提となっています。

対して後者は
トレードは相場がOKのサインを出したときのみ・・というスタンスです。

どちらが正しいのかは
言うまでもありません。

チャートを主観で見てしまうということは
結局、本能に逆らうことができないトレードを繰り返すことになります。

そうなると人は
プロスペクト理論のままに行動してしまい
損大利小のトレードを継続し、資金を減らしていきます。

だからこそ
チャートを客観視する力を養う必要があるのです。



その力こそがトレード力です。

つまり、
トレード力を身につけるということは
インジケーターに詳しくなることでも
設定値や組み合わせを考えることでもないんです。

とにかくチャートを客観的に見ること。
そしてどのようにすれば客観視ができるのかを考えること。

これらを意識しながらトレードを学ぶことが
上達の最短距離を進むことになるということをよく覚えておいてください。


PS:
今まで多くのトレーダーさんを見てきた経験から
本当に伝えたいことを言葉を選んで真剣に書いてます。

今現在勝ってないトレーダーさんは
決して「読んだだけ」にしないで
必ずご自分のトレードと照らし合わせて考えてみてください。

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る