◯◯◯で勝つという考え方


どうも
維新の介です

トレードになかなか勝てないトレーダーさんというのは
1つ1つのトレードの勝ち負けを意識しすぎて
「トータル」で勝つということを忘れています。

トレードで勝つには
とにかく絶妙のエントリーのタイミングを知り
勝率が非常に高い方法でなければならないと考え
潜在意識が負けトレードを強く拒否しています。

ですが当然のことながら
トレードにおいて勝率100%は不可能。

つまり負けというのは拒否するものではなく
どのように「処理」するものなのかを考える必要があるのです。

あまり「負け」に対して強い拒否感を持ってしまうと
レートが思惑に反した方向に動き始めたときに
その事実を受け入れることができずに塩漬けにしたり
負けを薄めようとナンピンしたり
そっとチャートを閉じたりすることになってしまいます。

そうやって負けから目を背けて
トレードで勝てるわけがないのはわかりますよね?

つまりトレードとは
損切りといかに向き合い、
そして上手に付き合うか?にかかっているとも言えるのです。

でも、そうは言われても
やっぱり損切りってイヤですよね(笑



ではこう考えてみてください。

エントリー後に思惑どおりに動くかどうか
期待通りに利を伸ばせるかどうか

これって未来のことなので
実は誰にもわかりません。
どんなスーパートレーダーにもわかりません。

では損切りはどうでしょう?

損切りというのは
もし思惑どおりにレートが動かず逆行した場合
レートがこれよりも下(もしくは上)になってしまえば
もう本来の方向に動くことはほとんど期待できないというところに入れるわけです。

わかりますか?

「自分で決める」のです。

損切り幅を広く設定するのも狭く設定するのも
広くなってしまう場合にトレードするかどうか選択するのも
全部自分で決めることが「できる」のです。

いいですか?

相場の先は誰にもわからず
何が起こるかわかりません。

そのような中で
損切り「だけ」は最初からわかっているんです。

つまり損切りとは
唯一最初から我々トレーダーに与えられた「優位性」なのです。

にもかかわらず
この圧倒的な優位性を自ら捨てて
相場に主導権を握られているものをなんとかコントロールしようとするトレーダーたち・・・

損切りができないと言い
絶妙のエントリーのタイミングを知りたいと言い
利が伸びるところだけでトレードしたいと言い
でもエントリーチャンスはたくさん欲しいと言う

相場に振り回されて当然なんです。

損切りができない?
自分に決定権があるのだからしたらいいんです。

できないってなんですか?
自分の意志でしてないだけでしょ?

それでトレードに勝てない?
何を言ってるんだか・・・

って言いたい(笑

トレードは
「損切り」をいかにコントロール下に置くのか?で
かなりの部分が決まりますよ(^^)


PS:
ウチの嫁ちゃんが乗馬にめっちゃハマりました

昨日初めて
嫁ちゃんがお馬さんに乗ってるの見たけど
ちゃんと走ってた(笑

ちょっとビックリした(^^;)

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る