難しい相場というものは存在しない


どうも
維新の介です

よく「難しい相場」と表現される相場があります。

もちろんこれは
どのようなトレード方法をとっているかによっても違いますが、
一般的には

値動きが荒かったり
方向がハッキリせず、
売り買いどちらにエントリーしていいかわからなかったり
エントリー後の逆行が激しかったり・・・と
そんな相場のことです。

で、勝ってないトレーダーは
そういう相場でも無理にトレードし
「難しい相場だった」と言うことを言い訳にします。

また、彼らの言う「難しい相場」とは
散々負けまくった後に
結果的にチャートを見て「難しかった」と判断しているため
後付けでしかありません。

何が言いたいのかというと

トレードするにあたって
「難しい相場」というのは存在しないと私は考えるわけです。

トレードをするから「難しい」相場となるんです。
そこが難しくなるのがわかっていたのであれば
それは「難しい相場」ではなく「トレードしてはいけない相場」でしかありません。

わかりますでしょうか?

つまり相場に存在するのは

・トレードしていい相場
・トレードしてはいけない相場

この2つしか存在しないのです。

そして、
その「トレードしてはいけない相場」でウンウン悩むから
その相場が「難しい」と感じる。

ひょっとして、
難しいところを獲れるようになることが優れたトレーダーだと思ってる?

違いますよ。
優れたトレーダーというのは
コンスタントに資金を増やすことができるトレーダーのことです。
自分が決めた形の相場になるまでちゃんと待つことができるトレーダーのことです。

トレードしてはいけない相場でトレードしてたら
「コンスタント」に資金は増えません。

もちろん「トレードしていい相場」でトレードしても
負けることは当然あります。

でもそれは
その相場が難しかったわけではなく
ただ単に「相場だもの、そういうことだってあるさ」ってだけです。

それよりも
「難しい相場」というのを負けた理由にせず
自分が「トレードしてはいけない相場」に手を出したことを認めることが非常に大切です。

そしてそのためには
「トレードしていはいけない相場」と「トレードしてもよい相場」を
明確に区別できなければなりません。

つまり勝ちトレーダーになるための第一歩は
相場を区別できるようになることなのです。

もしなかなか勝てなくて悩んでいるのであれば
手法さがしに明け暮れるのではなく
こういう部分を再度見なおしてみたほうが圧倒的に上達は早いです。

一度文字にしてみたらいいですね。

自分がトレードするのはどのようなところなのか

これがスラスラと書けないようであれば
もしくは
書けたとしても複雑で、判断に主観が入りまくるようなものであれば
少々トレードを見直す必要があると思います。


P.S

トレードしてよい相場
トレードしてはいけない相場
これらが明確にわかるようになり、自分で考える力が身につきます。

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る