「利確」という欲との戦いを制す


どうも
維新の介です

「利益確定」

いい響きです(笑

でもこれが難しい。
正直言ってエントリーよりも損切りよりも難しい。

でも利確をしない限り利益を確定できないわけですので
どこかで決断する必要があります。

そしてこの「利確」をどのように考えるのか・・で
トータルの成績は天と地ほど変わってきます。

しかも人には「欲」があります。

もう少し伸びるかも?
いやいやここが天井で下げるかもしれない。
でも前回はそれで利確した後に大きく伸びたし・・・

もうね
この「欲」のせいで利確がぶれぶれになるんです^^;

というわけで
本日は(も)、けっこう大事なお話をしたいと思います。

**********

トレードの基本は損小利大です。
トータルの損失に対してトータルの利益のほうが大きくなければ
利益は残りません。

ということは
勝率を一定に保つことが事実上不可能である以上
エントリー後はできるだけ利を伸ばしたいところ。

ではその方法は?となると
やはり未来のことですから「ここまで!」と決めることはできず
どの教材を読んでも違うことが書いてあり
ある程度の基本はあれども
「これなら絶対!」という方法は存在していません。

つまりですね、
これはトレード全般にも言えることなのですが
絶対的な正解はない!てことなんです。

問題があって正解がある・・という教育を受けた我々にとって
そこらへんもトレードを難しくしている要因の1つです。

でもここは気楽に考えましょう。

「好きにしていいんだ♪」って

そう、利益さえでるのであれば
好きにしたらいいんです(笑

でもここに1つだけルールがあります。
これだけは絶対に守るようにしてください。

これだけ意識していればいいわけですから誰でもできると思います。

それは・・・



「エントリーした根拠がなくなれば決済」

例えばですね、
安値を切り上げ高値を更新したから買いエントリーしたとすると
その根拠が崩れる「前回の安値割れ」という状態になれば
問答無用で決済(利確)です。

逆に言えば
前回の安値を割るまでは
そのポジションは大事に持ち続けることになります。

つまり「利を伸ばす」ということです。

もしくは
短期中期長期の移動平均線が上を向いたから買いエントリーというパターンがあったとします。

ならば
短期の移動平均線が下を向いたときが「買った根拠」が崩れたことになり
これも同じく問答無用で決済(利確)ということです。

オシレーターでも同じですよ。
RSIが50ラインを上抜いたので買った・・ということであれば
50ラインを下回った時点で決済(利確)です。

もちろんそれまでに決済しても構いませんが、
買った(売った)根拠が崩れたら基本的には手仕舞います。

これはテクニカルトレードに限らず
ファンダメンタルズによるトレードでも同じです。

で、この考え方にはさらに大事なことがあります。

それは、「根拠」が崩れたから決済するには
実は
エントリーする時点で「明確な根拠」が必要だということです。

エントリー時にしっかりとした根拠がなければ
利確もすごく曖昧になりがちであり、
曖昧になるということは
そこに主観が入りまくる余地があるということ。

主観が入るということは
「欲」がそのまま反映されるため
結局はプロスペクト理論通りのトレードとなり
トータルで損大利小という、負けて当然のトレードを繰り返すことになるわけです。



結論として、

適切な利確をしようと思うのであれば
利確の方法を探しまくるというのは見当外れの努力。

それよりも
エントリーの根拠をハッキリさせることこそが
利確上手になる一番の方法ということです。


P.S

ではエントリーの根拠はどうやって考えたらいい??
それはコチラで勉強してください(^^)
リンク先の500以上にのぼるレビューもぜひ読んでみて。
この書籍だけで勝てるようになったというトレーダー続出です!

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る