初心者のうちからトレードで勝てるようになる方法


どうも
維新の介です

自分の実力を客観的にはかる方法があれば
トレードで資金をブッ飛ばすこともないんでしょうね・・・・

なぜこんなことを思うのかというと
実力以上のトレードをしようとするトレーダーがあまりにも多いからです。

だからといって
実力以上のことをするな!!と伝えても
自分の実力がわかっていないのだからしかたがないんです。

自分に実力がなかったとわかるのは
ある程度の実力になって
当時の自分を振り返って初めて

「あぁ・・・よくあれで資金を失わなかったな」
「なぜ言われたことを守らなかったんだろう」
「言われたとおりにしていればもっと早く上達していたのに」

ってな感じで気が付くもの^^;

では実力がないトレードは絶対に勝てないのか?
と問われると
実はそうでもなかったりします。

比較的トレード初心者であっても
ここだけは得意!というポイントはあるものです。

このパターンだけは、なんか勝率が高いんだよな~
ここでエントリーしたらその後動き続けることが多いな~

というポイントです。

ならば?



そこまで待てばいいんです。
それ以外でトレードしなければいいんです。


勝っているトレーダーだって同じですよ。
別に相場の全てを知り尽くしているわけではありませんし
そもそもそんなことは不可能です。

ではどうやって勝っているのか?というと



自分がわかるところだけトレードしているんです。

ただそれだけ。
そこに初心者との違いはありません。

でも初心者は自分の実力を過信し
わかっていないところであっても理由をつけてトレードします。

だけど勝っているトレーダーは
自分がわからないところは頑なにトレードしません。

だってわからないんですもん。

わからないところをどうやってトレードするんですか?

ってスタンスです。

これが
欲に負けてついついトレードしてしまう初心者(負け)トレーダーと
勝ち「続けて」いるトレーダーとの違いです。

欲に負けて、トレードも負けてりゃ世話ないですよね^^;

勝ち続けているトレーダーは
欲に負けないことが資金を増やすことだ・・ということがよくわかっているんです。

だから、
自分の実力はわかっていなくても

「自分には実力がないのだから
 わかっているところだけトレードしよう!」

このように考え、行動できれば
初心者のうちから勝てるようになることができます。

大切なのは
自分がわかるところまで「待つ」ということ

そして「待つ」前に
自分がわかるところってどこだろう?
これをまず考えてみてください。

ここを考えることが
勝ちトレーダーへの第一歩です。


P.S

自分がわかるところ
ちょっとだけ他よりも優位性のあるポイント
そういったものを探るお手伝いができる書籍です。

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る