人の上手くいっているところだけ真似するから勝てない


どうも
維新の介です

成功している人というのは
当然最初からすべてを持っていたわけではありません。

誰だって、今の立場になる前のステージがあったんです。

ですが人はなぜか
成功している人の「成功している部分」だけしか見ようとしません。

そのため
成功するためには成功するテクニックがあって
それを真似たら自分も成功すると考えます。

しかしそれで上手くいくことってめったにありません。
トレード手法を買いまくっても勝てないのと同じことです。

また「成功するための簡単なテクニック」なるものが存在していると思っているから
物事がすぐに好転しなかった場合
すぐに「あきらめる」という選択をします。

これがトレードにおける「聖杯探し」につながります。

こういうことを伝えると

「いやいや、
 私は誰よりも努力しているよ」

という人がいます。

でも大概は
その「努力」とは「聖杯を求め続ける努力」です。

ただいろんな手法を手に入れては試してみて
そして勝てないから他の手法を試してみる。
そんなことを何年も繰り返し、それを努力だと言い張る。

これの何がダメなんだと思います?

「手法」を探す。
悪いことではないような気はしますよね?
探す努力も確かにやっています。

でも勝てない。
なぜなんでしょう?

たまたま勝てる手法に当たらないから?
つまり自分が運が悪い?

ってことは
勝っているトレーダーは
たまたま勝てる手法に出会えて運が良かった?

あれ?おかしくないですか?
「努力」してるって言ってたのに、「運」の話になってません?

トレードに勝てるかどうかって
単に運良く勝てる手法に出会ったかどうかんですか?

ちゃいますよね?
誰でもこれが違うってわかりますよね?

そう、違うんです。

手法を探したって勝てないんです。

そろそろこれに気が付かないと
永遠に勝てるトレーダーにはなれません。

ホントですよ。

勝てないトレーダーは
結局本質を掴んでいないんです。

努力とは
物事の「本質」を掴む方向になされないと意味がないんです。

ただチャートを見続けたって勝てるようにはなりませんし
手法を探しまくっても勝てるようにはなりません。

どこに本質があるかを知り
その本質を使いこなせるようにする修練が努力です。

成功した人のテクニックを知るというのは
すぐにウハウハできるということではありません。
そのことをもっと知るべきです。

あくまでも努力は必要なんです。

成功者のテクニックを求めるとき
同時に「即効性」を求めすぎ
そして努力がイヤだからマニュアルを・・・
なって思っているのであれば、それは大間違いです。

そんなものを求めているのであれば
どんなマニュアルを手に入れても結局は納得することがなく
かえって回り道をすることにもなりかねません。

というか
そういうトレーダーさんがほとんどじゃないですか?

トレードって水平線だけでも勝てるんですよ。
別にテクニックでもなんでもなく
ちゃんと相場の基本を使えるレベルまで理解しているかどうかだけなんです。

私の知り合いのトレーダーは
移動平均線だけで買ってます。
ちなみにトレンドフォローではありません。

でも相場の特性を活かし
資金管理を丁寧にすることによって資金を増やし続けています。

もちろん水平線だけで勝っているトレーダーもいますし
ストキャスだけで勝っているトレーダーもいます。

私も普段は
一目の雲とラインだけでトレードすることが多いです。
それが楽で簡単だからです。

これでもまだ何か特殊な方法があると思いますか?

違うんです。
本当に丁寧に、基本通りのトレードを繰り返しているだけ。

その基本を
「使えるレベル」まで引き上げること
それがトレードの上達であり、「本質」を掴むことなんです。


P.S

非常に高い評価をいただいています。
なぜか・・・
「本質」を伝えることに終始しているからです。
ぜひリンク先の500を越えるレビューを読んでみてください。

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る