トレードは勝つことだけ考えていたら勝てないよー!


どうも
維新の介です

トレードの基本書には必ず書いてあるであろう

「損切りは早く、利確はゆっくり」という言葉

トレードとは
損切りを小さくし続け
利益は伸ばし続ければ
あり得ないほど勝率が低くない限りトータルで勝てるわけです。

「損小利大」ってやつです。

でもね

「それができないから苦労してるんやろ!!!」

って言われそうです^^;

確かにそうなんです。
だってプロスペクト理論に逆らっているんですから・・・

あ、「プロスペクト理論」を知らない方はググってください。
山ほど情報があるんで

・・・

・・・

知らない人
ググってくれました?

ここからは知っていることを前提にお話しますので
ちゃんと調べておいてくださいね。



人は「勝ち」って大好きなんですよ
でもって「負け」は大嫌い

当然っちゃ当然なんです。

だから「早く」利食いしたい
だから「損切り」はできるだけしたくない

結果・・・トータルで負ける

わかります?

勝率が低いのもあるかもしれませんが

結局は利を伸ばすことができず
利を伸ばせるところも知らず
損切りがうまくできず
正しい損切りも知らない

だから勝てないんです。

で、実はここに勝てるようになるヒントがあります。

トレードで勝てていないアナタ
「どうやったら勝てるのか??」ってことばかり考えていませんか?

絶妙のエントリーのタイミング
エントリー後すぐに思惑方向に伸びるポイント
ポジションを持ったら絶対に伸びる
わかりやすいエントリーを教えてくれるインジケーター
そしてその設定値と組み合わせ

こんなことばかり考えていませんか?
っていうか、考えているでしょ?

「勝ち」にしか興味がなく
「負け」は見ざる聞かざる言わざる

そりゃあ、つらいですもんねぇ~
負けと真剣に向かい合うのって・・・

でもね
本当に勝ち続けることができるトレーダーになりたいのであれば
「負け」にも、「勝ち」と同等の興味を持ってほしいんです。

だってトレードって
勝率100%ってないわけですから
負けはどうやってもついてきます

だったら
その負けをどのように捉えるのか?で
トータルの勝ちは変わってくるわけです

今まで1回1回の勝ち方しか考えてこなかったのであれば
1回1回の負け方も考えてみてください

いかにきれいに負けるか
いかに効率よく負けるか
どれだけ理にかなった損切りをするか

これができるようになると
トータルの勝ちが
勝ちのことしか考えていなかったときにくらべて倍くらいになります、

20pips勝って
20pips負けてたのなら
トータルでゼロ
トレードをいくら繰り返しても
勝率50%なら資金は増えない。

20pips勝って
10pips負けてたのなら
勝率50%でも
トレードを繰り返せば繰り返すほど
2回のトレードごとに10pipsずつ増えていくんです。

っていうか
相場ってどこまで伸びるかわかんないんですよ。

だったら
最初からコントロールできる「負け側」を半分に減らす努力したほうが
トータルの勝ちを増やす最短距離だと思いません?

自分のコントロール下にある損切りを無視して
コントロールできない利確にばかり精度を求めるってどうなん???
って話です


P.S

損切りがなぜ重要なのか
どのように向き合えばいいのかがわかります。

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る