トレード時間軸の役割をしっかりと考える


どうも
維新の介です


私がトレードを始めたころって
まだまだFXに関しての情報が少なく
何をどうやったらいいのかわからず本当に大変でした。

今では当たり前のようにどこでも書いてある
上位足から相場を見ましょう〜なんていう情報すら
当時はほとんど見かけたことがありませんでした。

個人のブログレベルでその方法を「具体的に」ちゃんと書いたのって
実は私が最初かもしれません^^;

でもここまで情報が豊富になった世の中であっても
やっぱり勝てる人と勝てない人の割合が変わらないのは
トレードは手法ではない・・ってことの証明かもしれませんね。

だったら私が伝えているのは何なのだろう??
なんて考えることもある今日このごろなんですが、

その当たり前の情報である「時間軸の使い方」
これができていないトレーダーってすごく多いんです。

もちろん頭ではわかっているんですよ。
上位足のトレンド方向にトレードしなければ・・・ってのはね。

でもやってない。
そしてやり方がわかっていない。
いろいろな方法を知っていても守ってない。
知識だけで全く理解していない。
理解していないから使えない。

こういうトレーダーが大半なんです。

そういう方たちのために、ここで言い切りますね。



トレードは上位足の見方や役割がちゃんとわかっていれば勝てます!

負けているトレーダーに勝てない理由を聞くと

「待てないから」
「損切りができていないから」
「エントリーのタイミングがわからないから」
「資金管理ができていないから」
「手法を知らないから」
「過去検証をしていないから」
「トレードノートをつけていないから」

だいたいこれらのどれかを答えます。



わかっているんならやれよ・・・

なんてことは思っても言わないですよ。
私は大人ですから(^^)

でもね、ちゃんと話を聞いてみれば
トレードに勝てない根本的な原因はそんな瑣末な問題ではなく
上位足の見方がわかっていないか、ちゃんと見ていないことがほとんどなんです。

現時点でトレードに勝てていない方
勝てるとしても不安定で常に不安なままトレードしている方

今一度確認してみてください。

「本当に」上位足をちゃんと確認していますか?
そして統一された見方をしていますか?
つまり、その場に応じて「都合よく」解釈していませんか?
なぜそうなのか?を理解していますか?

例えば5分足でトレードすることを考えてみましょう。

・5分足がしっかりと伸びるところ
・ダウを築いて伸びるところ

エントリーするからには、やはりこういうところでトレードしたいものです。

だとすると、
1時間足でそこそこ陽線が続くようなところでなければいけませんよね?
いきなり反転するような要素があるところでは安心して利を伸ばせませんよね?

というわけで
5分足レベルのデイトレードをしたいのであれば
1時間足がトレンドを築いていることがすごく重要になるのです。

でもここで気を付けないといけないことがあるんです。

その肝心の1時間足のトレンドが不安定だったら?
実は伸びる要素が非常に低い1時間足トレンドだったら?

5分足でエントリーして上昇したはいいけど
急激に下がっていきなり損切り・・・なんてこともあるわけです。
こういう相場に遭遇した人いっぱいいるでしょ?

原因は、4時間足や日足というさらなる上位足にあります。
この上位足のトレンドに逆らった1時間足は
パッと見はトレンドを築いたように見えても、まず伸びません。
また値動きも荒くなったりしがちです。



次のチャートは4時間足です。

無題1243

長期的に見ても短期的に見ても上昇トレンド継続中です。

そんな中上昇トレンドの中の一部を切り取って1時間足で見てみましょう。
4時間足を見る限りでは
同じように下げて、同じように上昇しているV字型の部分です。


無題1242

明らかに違いますね。

差が「わかりづらい」部分を意図的に抜き取ったにも関わらず
これだけ相場環境が違うんです。

そしてこの差が
トータルのトレード成績となって表れてきます。

つまり、5分足でトレードするにしても
決して4時間足や日足のトレンド方向を無視してはいけないのです。

私は5分足のデイトレードが基本ですが
日足~1時間足のチェックが基本です。
別に1日中5分足を眺めているわけじゃありません。

ずっと上位足だけをチェックし
十分に引きつけることができたら
5分足でエントリーの「タイミング」を取るだけです。


P.S

上位足の相場環境の見かた考え方
そして使い方が知りたければコチラの書籍です。
多くのレビューをぜひ読んでみてください。

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る