トレンドを定義する その②


どうも
維新の介です

最近バタバタと忙しく
国内の移動も多くなってきました。

この記事は
小倉から大分行きの「ソニックにちりん」の車内で書いています。

専業トレーダーもいいけど
そればっかりやっているとおかしくなりそうになるんですよね。

やっぱりどこかで社会との接点を持ちたいので
トレード以外にもいろんなことに手を出していきたいと思う今日このごろです。


─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

では前回の続きです。

昔からトレーダーたちは
相場のトレンドをいかに把握するかを試行錯誤してきました。

その中で多くのテクニカル分析が開発されたわけです。

特に「トレンドの把握」というものに絞ってみると

・トレンドライン
・移動平均線
・一目均衡表
・ダウ理論

代表的なものにはこういったものがありますね。

さて、
ここでまた質問です。

あなたは
トレンドラインの方向に逆らってトレードしたことはありますか?
移動平均線の向きに逆らってトレードしたことはありますか?
一目均衡表の雲に逆らってトレードしたことはありますか?
ダウ理論に逆らってトレードしたことはありますか?

正直に言ってくださいね。
あるでしょ?(笑

大丈夫です
私もあるんで・・・ ^^;

もし今勝てていない・・・というのであれば
まずこの部分「だけ」を改善してみてください。
これだけでトレード成績は明らかに改善されるはずです。
それぐらい「トレンドフォロー」というのは強力なんです。

とは言え
トレンドの定義ができていなければこれもできませんので
ここでトレンドとは何なのか?ということについて考えてみます。

「トレンドとは」

ひとことで言うと
「相場の方向性」ということになります。

上昇していれば上昇トレンド
下降していれば下降トレンド

というわけですね。

でも相場にはさらに別の状態があります。
それが「レンジ(保ち合い)」と呼ばれるものです。

上昇トレンドとも下降トレンドとも言えない
方向感のない状態です。

つまり相場を
「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ(保ち合い)」の
3つに分類したわけです。

相場というのは複雑な形をしているため
すべての事象に意味付けをしていくのはほぼ不可能ですので
このようにある程度シンプルに考える必要があるんです。

ではどのようにしシンプルに3つに分けるか?
という話になるわけですが

例えば移動平均線

これはある特定期間の移動平均線が水平に推移していたら
それはレンジ(保ち合い)であると判断することが多いわけですが

水平だったな・・・というのは
実はレンジが終わってからでなければわからないんです。

だってその時その時で
わずかに上を向いていたり下を向いていたりするじゃないですか。

だから少なくとも1本の移動平均線だけでは
明らかに上昇や下降しているときを除けば
トレンドの判定は難しいのです。

でもこれが
もうちょっと長期の移動平均線も合わせて表示させていたらどうでしょう?
そしてその長期移動平均線がハッキリと上昇を示しているときに
短期の移動平均線が上を向いたらどうでしょう?

それは短期移動平均線の上昇トレンド開始の合図ではないでしょうか?

無題1208

また長期移動平均線が水平気味に推移していたとしても
その上に短期の移動平均線が位置して(推移して)いたとしたらどうでしょう?

長期的な終値の平均値よりも
短期的な終値の平均値のほうが上にあるということですから
レジスタンスライン等を上抜いたら上昇に転じやすいと思いませんか?

無題1207

またそれ以外のときは
いわゆるレンジ(保ち合い)だと判断できませんか?

もちろんトレンドラインでもOK

安値を切り上げた時点で上昇トレンドラインを引くことができますので
そのラインよりもレートが上に位置している限りは
上昇トレンド継続ですので
トレードは「買い」以外は決して考えてはいけないのです。

ただこれだけ
本当にこれだけ

このように「トレンド方向」にトレードするというのは
難しいことでもなんでもないんです。

何が難しいって?

それを守り「続ける」ことが一番難しい(笑

でも
こうやって自分なりのトレンドを定義しなければ
ただでさえ難しい「守る」ということが
さらに難しいものになってしまいます。

トレード手法が〜〜
エントリーのタイミングが〜〜
インジケーターの設定値が〜〜

なんてしょうもないことを言う前に
トレードで勝てていないのであればまずはここからスタートです。
案外すぐに勝てるようになるかもしれませんよ(^^)


P.S
トレンドについてさらに詳しく知りたければコレ!!
 ↓ ↓
「テクニカル分析 22の技術」

Social bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る